トリガー注文 トリガー指値注文 違い 意味

トリガー注文=逆指値注文FX 初心者 入門 勉強
この記事は約3分で読めます。
女の子 顔アイコン
この記事は、画面を二本の指で広げれば拡大/縮小出来ます。

トリガー(用語解説)

トリガー(又はトリガ)とは、何かの動作を開始する「きっかけ」となる「命令や信号」と言う意味です。

動作開始の「きっかけ」

スカートの下から拳銃を出す女性

女性「拳銃の引き金は、英語でトリガー(Trigger)と言います。」

これは「ピストルの引き金」が「弾丸を発射する動作のきっかけ」となっているからです。

悪い出来事の「きっかけ」

女性 女の子 戦車 ヤークトティーガー

女性「戦争・紛争などの誘因(ゆういん)、きっかけ、はずみ等も、トリガーと呼ばれます。」

トリガー注文(投資用語)

トリガー注文」とは、株やFXなどの投資で使われる用語です。

FX 外国為替証拠金取引 とは? 意味 略
FXとは? 意味 FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語の場合「外国為替証拠金取引」と言う意味になります。 FXは外貨を売買する外貨商品 FXは、外国為替相場の動向を予測して外貨を売買する外貨商品で...

指定レートで注文を執行

トリガー注文は「指定したレート(価格)に達したら、そのレートで指値注文(さしねちゅうもん)」

指値注文 さしねちゅうもん
指値注文とは? 指値注文(さしねちゅうもん)とは、株やFX 外国為替証拠金取引などの取引で 指定した値段以下になれば買う。 指定した値段以上になれば売る。 と言う注文方法です。つまり 「買い又は売りの際に、...

もしくは「成行注文ストリーミング注文で、買い又は売り注文を出す」

成行注文 成行買い 成行売り 成買い 成売り
成行注文とは? 成行注文(なりゆきちゅうもん)とは、株などの取引において「値段を指定しない注文方法」です。 株の成行注文は、基本的にFXのストリーミング注文と同じ意味です。 成行注文の例 ...
ストリーミング注文
ストリーミング注文とは? ストリーミング注文とは、FX 外国為替証拠金取引の売買における注文方法の1つです。 為替レートを押して注文 ストリーミング注文は、FX取引画面に表示されている刻々と変わる為替レートを見なが...

と言う注文方法です。

指値 トリガー 違い

「通常の指値注文」と「トリガー注文」は、どちらも買い又は売り注文を執行する(出す)点では同じです。

ただし「トリガー注文は、指定したレートに達しない限り注文を出さない」と言う点が、通常の指値注文とは異なります。

トリガー注文 使い方

トリガー注文の使い方の例として

逆指値注文 ストップ注文 ストップオーダー ストップロスオーダー STP注文 SLO注文 トリガー注文

  1. 現在の株価(又は為替レート)は115円。
  2. レートが116円に達したら買い注文を出す。
  3. もしくは114円になったら売り注文を出す。

と言った感じで使います。

損失限定で使用

トリガー注文は主に、損失限定目的で使われる事が多いです。

チャートが上か下か悩む女性

女性「自分の予想が外れた場合に、損失を出来るだけ最小限に抑えたい。」

関連用語

トリガ注文

トリガー注文は「トリガ注文」と呼ばれる事も有ります。

どちらも意味は同じで、違いは有りません。

逆指値注文

トリガー注文は、一般的には「逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)」と呼ばれます。

逆指値注文 ぎゃくさしねちゅうもん
逆指値注文とは? 意味 逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは、株やFX 外国為替証拠金取引などの取引で 指定した値段以上になれば買う。 指定した値段以下になれば売る。 と言う注文方法です。 逆指値注...

トリガー指値注文(投資用語)

トリガー指値注文は「指定したトリガーレート(価格)に達したら、別に指定した価格で指値注文(さしねちゅうもん)で、買い又は売り注文を出す」と言う注文方法です。

トリガー注文との違い

普通の「トリガー注文」は、トリガー価格になった時点で、そのトリガー価格で指値注文が執行されます。

トリガーと指値を別設定

それに対し「トリガー指値注文」は、予め「トリガー価格」と「指値価格」を別々に入力し発注します。

そしてトリガー価格になった時に、そのレートで売買するのでは無く、トリガー価格とは別に設定したレートで注文を執行します。

指値注文以外との組合せ

岡三アクティブFX

岡三オンライン証券 岡三アクティブFXでは「トリガー指値注文」以外にも、「トリガー逆指値注文」、「トリガートレール注文」などの高度な注文が可能です。

つまり「トリガー注文+別の注文方法」と言う「二段構え」の注文が出来ます。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました