オリンパス 株価 予想 どうなる 社長

株式 ニュース
この記事は約4分で読めます。

オリンパス

連日、暴落を続けていたオリンパス(東証1部 証券コード:7733)が、2011年10月27日の東京株式市場で急反発しました。

オリンパス株は、「マイケル・ウッドフォード前社長解任」と「ジャイラス社など過去の買収案件をめぐる疑惑」というの2つの理由によって、2011年10月14日から暴落していました。

緊急会見の実施で、株価は急上昇

高山修一

オリンパスは、本日午前11時に企業買収問題に関して緊急会見を開催しました。

会見では、「高山 修一」新社長(写真右)が「買収を仲介した投資助言会社への報酬の支払いなどは適正に行われた。」という見解を示しました。

会見の内容自体は、目新しい材料では無かったものの、市場へ情報開示の姿勢を示した事で不安感が後退し、買い戻しが入りました。

2011年10月27日 オリンパス 株価 終値 チャート

↓クリックで拡大
オリンパス 株価 暴落 チャート 2011年10月

上の画像は「ジェイコム20億男 BNF氏」も使っている楽天証券の「Market Speed マーケットスピード(通称マケスピ)」で表示した、本日2011年10月27日(木)のオリンパスの後場引け後の日足チャートです。BNF氏 ジェイコム男 資産 手法 2ch マンション 取引ツール

オリンパス株の終値は、前日比256円高の1,355円で、値上がり率は23.29%、売買高は7494万株になりました。
値上がり率23.29%は、株価1円台の会社を除けばトップです。

オリンパス株は連日、デイトレーダーの主戦場と化しており、値動きが激しいですが、東証が2010年に次世代株式売買システム「アローヘッド」を導入して以降、株価の動きが非常に速くなっており、デイトレやスキャルピングは相当腕に自信が無いと難しくなっています。

三空氏 さんくう アローヘッド arrowhead デイトレーダー 生活 破産

オリンパス 株価 予想 どうなる?

オリンパスの株価予想ですが、結論から言うと下がる可能性が高そうです。
現在オリンパスは

  1. FBI(米連邦捜査局)
  2. SEC(米証券取引委員会)
  3. SESC(証券取引等監視委員会)

などによって、買収の際に不正があったかどうか調査が行われています。

調査で不正が発覚すれば株価はさらに暴落しますし、有価証券報告書に虚偽記載が有れば、粉飾決算に該当するので、管理銘柄(管理ポスト)になったり、最悪、整理ポスト → 上場廃止となる可能性も有ります。オリンパス 大王製紙 監理銘柄 監理ポスト 整理ポスト 整理銘柄

逆に、「違法もしくは不正行為」は行っておらず、単に「オリンパスの経営陣の能力が低かったのが原因」と言う事なら、上場廃止には該当しないので、ある程度株価が上昇する可能性は有ります。オリンパス 株 買い時 購入 売買 上場維持

それ以外にも何処かの企業に買収されるといったニュースが出れば株価が急騰する可能性も有ります。ただ、暴落前の水準には戻る可能性は低そうです。

何れにせよ、調査の結果がどうなるか現段階では分からないので、オリンパス株は東京電力 経営破綻 上場廃止 減資 公的管理下 可能性の時と同様に、各自の自己責任で売買する事になります。

オリンパス株は買うべき?それとも止めるべき?

逆張り好きな当ブログ管理人は、今回のオリンパス事件について、ニュースや適時開示情報などで色々調べ、暴落したオリンパス株を買うか慎重に検討しました。

オリンパスは内視鏡など世界トップシェアの商品を持ち、キャッシュフローも潤沢であることから、直ちに「倒産、経営破綻、潰れる、会社更生法申請」といった事態になる事は無いとは思います。

しかし、オリンパスの菊川剛元会長の判断で買収した会社「アルティス」「NEWS CHEF」「ヒューマラボ」の3社は赤字続きで債務超過に陥っており、現在もオリンパスの業績を悪化させている有様です。ほとんど価値の無い零細企業3社を約700億円で買収すると言うのは到底理解出来ません。

菊川剛元会長は、会社と株主に多額の損害を与える一方で、毎年1億円以上の巨額の役員報酬をふんだくっていました。

さらにオリンパスの役員一同がウッドフォード前社長を解任した事は、菊川剛元会長の保身の為としか思えず、株主利益を無視した行動です。
それだけでなく、オリンパス(菊川剛元会長)が何らかの不正を隠している可能性も有ります。

これらの事から総合的に判断した結果、「粉飾決算による上場廃止」の可能性は有ると当ブログ管理人は判断しました。上場廃止になれば株券はほとんど価値が無くなります。従って株の購入は見合わせました。(´・ω・`)

日本企業の特徴

余談ですが、私は、日本企業は「技術者の能力は高いものの、経営陣や管理職はアホ」と考えているので、今回の事件は何となく察しが付きます。

この点に関しては、私の様に数百社の会社に中途採用の面接に出かけて、様々な業種の沢山の偉い方々と話をした事が有る人は良く分かると思います。フリーザ様に学ぶフリーター問題

何しろ、上場企業の部長や専務といった肩書を持つ偉いオッサン達に、小学生程度の難易度の日本語で現在の就職難について説明しても、まともに理解してもらえない事も珍しく有りません・・・(-_-;)

彼らは自ら考える能力に乏しく、すぐに思考停止するので、会社を辞めた人を無条件で悪い人間と判断したり、法外な値段で企業買収をしたり、バブル期に高値で株や土地を購入して大損し、その結果、飛ばしに手を染めたりする訳です。オリンパス問題 飛ばし 粉飾決算 オリンパスショック

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました
//タイトルとURLをコピーする(footer-insert.php、style.css、ウィジェット)