この記事は約 3 分で読めます。

戦略記憶ボード

店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引業者のフォーランドフォレックス フォーランドオンラインには「戦略記憶ボード」という、非常に便利な発注システムが有ります。

戦略記憶ボード

「戦略記憶ボード」という名前だけ聞いても、一体何の事かサッパリ分かりませんが、簡単に説明すると

戦略記憶ボード 概要

  1. 自分のFXトレード手法の流れを、予め注文パネルのボタンに登録
  2. エントリーチャンスが来たときに、ボタン1つでまとめて自動実行
  3. 注文パネルは、自由にカスタマイズ可能

といった事が可能な優れもののツールです。
例えば、戦略記憶ボードの使用例として

戦略記憶ボード 使用例

  1. ストリーミング注文 成行注文でロングの注文を出す
  2. 約定と同時に、5pips有利なレートを指定した決済注文を出す。
  3. 予想が外れた時の大損防止に、20pips不利なレートを指定したストップ注文も出す。

と言った一連の操作を設定したオリジナルの発注ボタンを予め作成しておいて、ボタン一発で全て実行出来ます。
Excelに例えると、何度も繰り返し行う一連の操作をマクロやVBAを使ってボタンに仕込んでおき、クリック一発で毎回実行する様な感じです。

戦略記憶ボード 設定画面

戦略記憶ボード 設定方法

フォーランドオンラインの戦略記憶ボードの設定は非常に簡単です。プログラミングの知識などは一切不要なので、誰でも設定出来ます。
しかも、一度設定すれば何度でも繰り返し実行出来るので、同じ作業の繰り返しである「スキャルピング、デイトレード」に非常に便利な機能です

発注ボタンは最大18個配置出来るので、色々なFXトレード手法を入力しておけば、その相場状況に最適な発注をボタンをクリックするだけで実行出来ます。

戦略記憶ボード トレール注文

戦略記憶ボード トレール注文

フォーランドオンラインの戦略記憶ボードは、トレール注文(トレーリングストップ注文)にも対応しています。

トレール注文とは、利益が拡大する方向にレートが変動すると、ストップ注文が一定の幅で自動的に切り上がっていく発注方式です。損失リスクを抑えつつ、利益の最大化が図れるので、とても便利です。

戦略記憶ボード ドテン注文

戦略記憶ボード ドテン注文

フォーランドオンラインの戦略記憶ボードは、ドテン注文にも対応しています。

ドテン注文とは、買い注文から売り注文(又は売り注文から買い注文)に一気に反転させる注文方法です。トレンドの返還に素早く対応する事が出来るので、レートの変化を全て収益チャンスに出来ます。FX ロング ショート

戦略記憶ボード 指定全決済注文

戦略記憶ボード 指定全決済注文

フォーランドオンラインの戦略記憶ボードは、全決済注文にも対応しています。

全決済注文とは、発注済みの決済注文を全て取り消し、保有ポジションを成行で全決済する注文方法です。予想が当たってレートが天井に行った瞬間や、反対に予想が外れて損失が出そうになった時に、まとめて利食いや損切りが出来ます。

決済対象を簡単にリストアップ可能な建玉抽出・並べ替え・チェック選択機能を搭載しているので決済対象を指定して、一部だけ一括決済する事も可能です。

戦略記憶ボードは、フォーランドフォレックスのみで使用可能

「戦略記憶ボード」は、フォーランドフォレックスが独自開発したツールなので、他のFX業者では利用出来ません。

「戦略記憶ボード」は、フォーランドフォレックス フォーランドオンラインの口座を持っていれば無料で使えます。
フォーランドオンラインの「口座開設費、口座管理料、口座維持費」などは一切無料です。

フォーランドオンライン 高い約定能力とスワップポイント

フォーランドフォレックス フォーランドオンライン スワップポイント

フォーランドフォレックス フォーランドオンラインは、ポジションの持ち越しにより発生するスワップポイントが、業界最高水準の金利で有名なFX業者です。
FX スワップポイント 比較 一覧表

長期間ポジションを保有するスワップ狙いのトレードなら、フォーランドフォレックス(Foreland Forex)「フォーランドオンライン(Foreland Online)」は口座開設して損の無いFX業者です。

既にデイトレード・スキャルピングスイングトレード用のFX口座を持っている人も、スワップ用のサブ口座として開くにはオススメのFX業者だと思います。

フォーランドオンラインは、ポジションを維持したままスワップポイントだけを自由に出金できるほか、含み益での新規取引も可能です。
また、約定能力が高く、スリッページが少ないのも強みです。
FX 約定能力 比較

(フォーランドオンライン 関連記事)

トップへ戻る