この記事は約 3 分で読めます。

杉本有美 すぎもとゆみ LIONFX ライオンFX CM ヒロセ通商 女優 女の子 youtube動画

ヒロセ通商 2012年度 TVCM 15秒編

↓中央の▲ボタンを押すとYouTube ユーチューブ 動画が視聴出来ます。

すぎもと ゆみ は ふしぎなおどりを おどった!

「タタタ頼れるライオン、ライオンFX~ 顧客満足度No1~」

どこかのオフィス街のビルの屋上らしき場所で、黄色い服を着た女の子と、スーツを来たビジネスマンやOLの人達が変な踊りを踊っています。

途中でCMを一時停止すると分かりますが、何だかMP(マジックポイント)を奪われそうな「ふしぎなおどり」を男性・女性が集団で踊っています(^_^;)

このテレビCMは、店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引業者のヒロセ通商 LION FX(ひろせつうしょう ライオンエフエックス)の新TVCMで、関西、中部、関東地区にて放送されています。

黄色い服を着た女性は誰?

中央の黄色い服を着た女の子は、女性タレントの杉本有美(すぎもと ゆみ)さんで「テレビドラマ、バラエティ番組、映画、舞台、水着グラビア」など幅広く活動しています。

杉本有美 プロフィール

生年月日   1989年4月1日
年齢     23歳
出身地    大阪府大阪市天王寺区
血液型    A型
身長     168cm
体重     不明
スリーサイズ B(バスト)84cm、W(ウエスト)58cm、H(ヒップ)85cm

本社が大阪のヒロセ通商が杉本有美(すぎもと ゆみ)さんを、ライオンFXのCMに起用したのは、杉本有美っぺ(ゆみっぺ)が大阪府出身の女優だからでしょうか?

肝心の宣伝効果は?

以前のヒロセ通商 LIONFX テレビCM コマーシャル 俺もライオンFXになりたいは、短時間でFXとLION FX(ライオンFX)について説明し、最後にヒロセ通商 LION FX(ひろせつうしょう ライオンエフエックス)のサイトへ誘導するという宣伝効果の高いテレビコマーシャルでした。

今回の有美っぺのコマーシャルは、その点に関して改悪されているのが残念です。

FXやってない人にとっては、このヒロセ通商 LION FXのCMは何のCMか分からないと思いますし、FXをやっている人にはLION FX(ライオンFX)のスペックが全く伝わりません。

肝心のライオンFXについて

ライオンFX 評判 評価

  1. 新規口座開設者向け・法人向けのFX キャンペーンが充実(特に食べ物が貰えるキャンペーンが充実)。
  2. スプレッドが狭い
  3. FX 1000通貨 手数料無料で売買可能(少額取引OK)
  4. Windows(Web版、インストール版、Flash版)、Macの両OSで取引可能
  5. 携帯電話(iアプリ、S!アプリ)、スマートフォン(iPhone専用アプリ、Android専用アプリ)によるモバイル取引に対応 FX iPhone アイフォン Android アンドロイド iPad Windows Phone スマートフォン スマホ
  6. 約380行で24時間クイック入金可能、入金手数料無料、ATMからのクイック入金に対応
  7. デモトレード可能
  8. 24時間サポート(平日)

上記の様なスペックについて何か一言でも、アイドルの杉本有美っぺ(ゆみっぺ)自らCMでアピールした方が良かったのでは無いかと個人的に思います。

顧客満足度No1とアピールしているものの、出来ればスペックに関する客観的な説明がトレーダーから見れば欲しい所です。

ヒロセ通商 顧客満足度

顧客満足度に関しては

  1. スプレッドSBI FXトレードの方が狭い
  2. FX 最低取引単位SBI FXトレードは1通貨単位
  3. 為替情報 → 外為どっとコム 外貨ネクストの方が優れている
  4. FX 約定能力マネーパートナーズの方が数段上
  5. 会社の信頼性 → SBI FXトレードの方が上

と個人的に思っているので、私個人としてはあまり満足していません(^_^;)

ただ、キャンペーンに関しては、過去にヒロセ通商 入金キャンペーン 10万円キャッシュバックで9万円、カレー、ヒロセ通商 カレンダー FX専用マリンカレンダーなどを貰ったので大変満足しています。

来年のカレンダーは、杉本有美さんでお願いします。(*゚∀゚)=3ムッハー

最後に話は全然変わりますが、ブログや掲示板を見ると「ヒロセ通称」とか「広瀬通商」もしくは「ライオン証券」などと間違ってタイプする人を良く見かけます。正しい社名・サービス名は「ヒロセ通商 ライオンFX」です(^_^;)

(杉本有美 関連サイト)

トップへ戻る
//記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(START) //記事タイトルとURLをクリップボードにコピー(END)