ドル 両替 交換 銀行 空港 手数料 比較

FX初心者 FX入門 FX勉強
この記事は約3分で読めます。

円高・円安を利用した投資手法

米ドル 円 両替 交換

アメリカが景気悪化などで円高ドル安になると、日本では手持ちの日本円をドルに両替(交換)して、円安ドル高になったら再び日本円に戻して、為替差益で儲けようと考える人が出て来ます。

確かに銀行や空港なら、日本円を米ドルユーロポンドなどの外貨に両替する事が出来ます。

ドルに両替した場合の利益

仮に、円からドルへの交換の際に手数料を取られないと仮定した場合、1ドル=100円の時に銀行や空港に1万円持っていってドルに両替すれば、10,000(円)÷100(円)=100となり、100ドルになります。

1ドル=100円でドルに両替

1万円 100ドル 両替 交換

そして1ドル=110円になったら、両替した100ドルを日本円に両替しに行けば11,000円になるので、11,000-10,000=1,000で、1,000円の儲けになります

1ドル=110円で日本円に両替

100ドル 11000円 両替 交換

10倍の10万円をドルに両替した場合は1万円、100倍の100万円をドルに両替した場合は10万円、1000倍の1000万円なら100万円の儲けです。

ドルに両替するには手数料が必要

お札 羽根

ところが、銀行や空港で日本円をドルに両替すると通常は、1ドルあたり片道約3円の為替手数料が必要です。(マネーパートナーズ 外貨両替による格安両替は除く。)

例えば1ドル=100円の時に銀行でドルを買おうとすると、3円程度の為替手数料が必要なので103円程度で買う事になりますし、為替相場が1ドル=106円に上昇しても103円でしか売れません。

つまり、1ドルあたり往復約6円の手数料がかかるので、6円ほど円安ドル高になっても利益は全く出ない訳です。

円高・円安で儲けるならFXがお勧め

下の画像は、国内の店頭FX 相対FX業者で最もスプレッドが狭いと思われるSBIFXトレードスプレッドです。

SBI FXトレード スプレッド

FX スプレッド
スプレッドとは、FXの取引コストの1つで、為替レートの「買値(Ask)」と「売値(Bid)」の差です。スプレッドが0.3銭の場合、1万ドルの取引にかかるコストは「新規建て(買い又は売り) → 決済」の往復取引で30円です。

円高・円安による為替差益を狙うならば、両替では為替手数料が高いのでFX 外国為替証拠金取引を考えた方が良いと思います。

FX 外国為替証拠金取引 とは? 意味 略
FXは「米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル」などの外貨を売買する外貨商品です。パソコン、スマホでいつでも何処でも取引でき、少ない元手で大きな利益を簡単に得る事が出来るのが最大の特徴です。

FXは手数料が安く、利息も付きます

FXなら預けている間にスワップポイント(金利・利息)も付きますし、両替にかかるコストは、買値(ASK)と売値(BID)の差のスプレッドが米ドルの場合0.27銭程度です。

スワップポイント スワップ金利
FXにおいて「スワップポイント」は外貨預金の「利息」にあたります。FXは「低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買う」事で、2通貨の差額のスワップポイントを毎日受け取れます。

従ってFXなら0.27銭、円安ドル高になるだけで利益が出ます
外貨の現金を両替する場合と比較すると、FXならコストは二千分の一以下で済みます。

外貨に投資する方法は他にも外国債券や外国預金などが有りますが、為替初心者なら手間とコストを考えれば、FX(外国為替証拠金取引)での低レバレッジ運用が適当だと思います。

FX レバレッジ レバレッジなし 1倍 最大レバレッジ 25倍 実効レバレッジ リスク 損失
FXでは、レバレッジ25倍により4万円の資金で1万ドル(約100万円)の外貨取引が出来ます。レバレッジ1倍で安全に取引する事も可能です。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました
//タイトルとURLをコピーする(footer-insert.php、style.css、ウィジェット)