外為どっとコム 1000通貨単位 手数料無料 1枚 1lot 最低取引単位 最低売買単位 発注単位

外為どっとコム 最低取引単位 1000通貨FX 1000通貨 取引単位
この記事は約4分で読めます。
女の子 顔アイコン
この記事は、画面を二本の指で広げれば拡大/縮小出来ます。

外為どっとコム 手数料

店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引業者大手の外為どっとコムは、2010年10月までは取引手数料が必要でした。

2010年11月から手数料無料

2010年11月1日から外為どっとコムは、取引手数料無料になっています。

FX 手数料無料

スプレッド←取引手数料無料の意味が分からない人はこちら
FX スプレッド 比較←他社とのスプレッド・取引手数料比較はこちら

外為どっとコム 公式サイト

公式サイト内容

以下、外為どっとコムの公式サイトからの引用です。

外貨ネクスト手数料無料化についてのQ&A

Q1-1.『外貨ネクスト』の手数料は、いつから無料化されるのですか?

A.2010年11月1日午前7時以降に『外貨ネクスト』オンライン取引にて発注され、かつ約定した全ご注文の手数料を撤廃し「無料」(0円)といたします

Q1-2.今回、手数料無料の適用対象となるのは、どのような注文ですか?

A.2010年11月1日午前7時以降に『外貨ネクスト』オンライン取引にて発注され、かつ約定したすべてのご注文です。

なお、以下のいずれかの条件に該当するものにつきましては、今回の手数料無料の適用対象とはなりませんので、あらかじめご留意くださいますようお願い申し上げます。

  1. 2010年11月1日午前7時よりも前に成立したポジションにかかる新規(未払)手数料
  2. 2010年11月1日午前7時よりも前に発注されたご注文にかかる手数料
  3. 電話取引のご注文

Q1-3.1,000通貨単位の注文も手数料無料の対象となりますか?

A.今回の手数料無料化の適用対象は、2010年11月1日午前7時以降に『外貨ネクスト』オンライン取引にて発注され、かつ約定したすべてのご注文でございます。

以上の条件に該当するもので有れば、1,000通貨単位のご注文も含め、手数料はすべて無料(0円)となります。

引用ここまで。

外為どっとコム 公式サイト

1,000通貨でも手数料無料

外為どっとコムは、2010年10月まではFX 取引単位が「10,000通貨単位」と「1,000通貨単位」の何れの場合も、取引手数料が必要でした。

パソコン PC 驚く男性 おじさん

男性「しかも手数料体系も複雑だったので、利用者からは不評でした。」

その取引手数料が、2010年11月1日から取引単位に関係無く完全無料(手数料0円)になっています。

以前は取引手数料が有料だった事から、外為どっとコムを使っていなかった方にはオススメです。

1,000通貨単位のメリット

FX業者の中には、最低取引単位が「1枚(1lot)=1万通貨単位」の業者が有ります。

低リスクで取引可能

その点、外為どっとコム 外貨ネクストネオ

  • 最低取引単位=千通貨単位
  • 手数料無料

で売買可能です。

パソコン初心者のOL 女性

女性「外為どっとコムなら少額からFX取引が出来るので、損失リスクを抑えられます。」

実効レバレッジを抑えられる

千通貨単位の売買なら取引数量を小さくし、FX取引口座に余裕資金を持たせる事が出来ます。

その結果、実効レバレッジを抑える事が出来ます。

FX レバレッジ レバレッジなし 1倍 最大レバレッジ 25倍 実効レバレッジ リスク 損失
FXでは、レバレッジ25倍により4万円の資金で1万ドル(約100万円)の外貨取引が出来ます。レバレッジ1倍で安全に取引する事も可能です。

外為どっとコム 公式サイト

外為どっとコムのロットについて

国内のFX業者のロットは、基本的に以下の様になっています。

  • 10,000通貨=1Lot
  • 1,000通貨=0.1Lot

1ロット=千通貨

しかし、外為どっとコム 外貨ネクストネオ(画像下)の場合

  • 10,000通貨=10Lot
  • 1,000通貨=1Lot

となっています。

外為どっとコム 外貨ネクストネオ 1ロット 1lot 1,000通貨

外為どっとコム 口座管理料は、個人口座、法人口座のいずれも無料です。

外為どっとコム 口座管理料 口座維持手数料 口座維持費 口座管理費 費用
店頭FX 相対FX取引のFX 外国為替証拠金取引業者の外為どっとコムの口座維持費用、口座開設費は無料です。以下、のサイトの「よくあるご質問」からの引用です。外為どっとコム よくあるご質問 口座管理料?.口座を維持するために、最低い...

(外為どっとコム 関連記事)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました