外為どっとコム 業務停止 営業停止 業務改善命令 理由 訳

システム障害 行政処分
この記事は約5分で読めます。


公式サイトはこちら 赤ボタン

FX 外国為替証拠金取引業者最大手の外為どっとコム(がいためどっとこむ)は以前、
外為どっとコム 誤ティック バッドティック 異常値配信を起こした事を理由に、平成22年9月10日に行政処分を受けていました。

その「外為どっとコム」が本日、2010年9月17日(金) 関東財務局より業務停止命令および業務改善命令を受けました。

以下、外為どっとコムのサイトからの引用です。

外為どっとコム 行政処分

以下、関東財務局のサイトからの引用です。

平成22年9月17日
関東財務局

株式会社 外為どっとコム に対する行政処分について

  1. 株式会社外為どっとコムに対して金融商品取引法(昭和 23年法律第25号。以下「法」という。)第51条に基づき業務改善命令を発出後、以下の事実が認められた。

    • 平成22年9月10日付業務改善命令に違反していると認められる状況
    • 電子情報処理組織の管理が十分でないと認められる状況

    外為どっとコムは、平成22年7月13日午前6時45分頃に「ユーロ/円」の取引において、及び同年9月6日午後3時34分頃に「米ドル/円」及び「ユーロ/円」の取引において、市場実勢と大幅に乖離したレートを誤配信させ、同年9月10日付で業務改善命令を受けているにもかかわらず、同年9月15日午前5時23分頃にシステム障害を発生させ、多数の顧客取引に影響を与えた。

    外為どっとコムが行った上記行為は、金融商品取引法第52条第1項第6号に規定する「法令に基づいてする行政官庁の処分に違反したとき」、及び同法第40条第2号に基づく金融商品取引業等に関する内閣府令第123条第1項第14号に規定する「金融商品取引業等に係る電子情報処理組織の管理が十分でないと認められる状況」に該当すると認められる。

  2. 以上のことから、本日、外為どっとコムに対し、法第52条第1項第6号及び第51条の規定に基づき、以下の行政処分を行った。

    1. 業務停止命令
      平成22年10月1日から平成22年10月31日までの間、店頭デリバティブ取引に係る全業務(顧客取引の結了のための取引等を除く)の停止。

    2. 業務改善命令
      1. 本件についての責任の所在を明確化すること。
      2. システム障害の発生原因を十分調査・検討し、再発防止策を策定すること。
      3. その上で、外部システム監査を実施し、実効性のあるシステム管理態勢の整備を図り、確実に実行すること。
      4. 顧客に対し、本件処分について周知を図るとともに、顧客の意向に応じて適切な対応を行うこと。
      5. 上記1から4までについて、その実施状況を平成22年10月18日までに書面で報告すること。
        また、2から4については、その実施状況を、当分の間3ヶ月ごとに書面で報告すること。

連絡・問い合わせ先
関東財務局 理財部証券監督第1課
048-600-1155

引用ここまで。
行政処分の全文はこちら

余談ですが、外為(がいため)と言う言葉があまり一般的ではないので、為替どっとこむ(かわせどっとこむ)や、外貨ドットコム(がいかどっとこむ)といった感じでよく間違われるのですが、正式名称は「外為どっとコム(がいためどっとこむ)」です。

外為どっとコム 業務停止 営業停止 概要

外為どっとコムの業務停止期間は、平成22年10月1日から平成22年10月31日までの一ヶ月間で、営業停止期間中は、既に保有しているポジションの決済はできるものの、新規の取引は全く出来ません。

外為どっとコムの一ヶ月の営業停止は、個人的にはかなり厳しい処分だと思います。

外為どっとコム ユーロ円 EURJPY 誤ティック バッドティック 異常値 2010年07月13日 レート

外為どっとコムは、誤ティック(バッドティック)を配信したとはいえ、その後何もしなかった訳では有りません。

【重要】当社取引システム一時不安定と『FXステージ』オープン処理遅延について

本日(15日)早朝、当社FX取引システムにおいて一時的に不安定な状況が発生しました。また『FXステージ』に て本日のオープン処理に遅延が発生しております。現時点でオープン処理は完了しておりますが、ただいまこれ らの影響範囲について確認中であり、詳細につきましては追ってご報告申し上げます。なお誠に申し訳ありませ んが、現在コールセンターへのお問合せが混み合っており、お電話がつながりにくい状態となっております。 本件につきまして、お客様に多大なるご迷惑をおかけいたしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

誤ティック配信直後に即座にミスを認め、ホームページで障害情報を随時公開し、その後、迅速に誤ティック配信によるポジションの相違を修正しています。
ユーロ円 EURJPY スプレッド 比較

これは、くりっく365 ランド円暴落事件で「ランド円 BID 8.415円」という異常レートを配信しておきながら、数日間「正常なレートである」と言い張っていた東京金融取引所の、お役人の対応とはエラい違いです。
くりっく365 比較 手数料

コメルツ銀行 行政処分に比べても、外為どっとコムの一ヶ月の業務停止は、かなり重い行政処分です。
外為どっとコムを業務停止処分にするにしても、長くても1週間程度が妥当だと思うのですが・・・・

個人的には、FX業界トップの外為どっとコムに「一ヶ月の業務停止」という非常に厳しい処分を課すことで、店頭FX 相対FX業者への「見せしめ」を狙っている様な気がします

今すぐ、外為どっとコムからお金を引き出した方がいいの?

外為どっとコムは、あくまで1か月間FXが出来ないだけで、倒産や破綻した訳では無いので、日本振興銀行が破綻(倒産)した時の様に、あわてて証拠金を全額引き出したりする必要は有りません。
日本振興銀行 破綻 倒産 ペイオフ 日本初 預金保険
FX 銀行 ペイオフ 対策

ジャパンネット銀行 JNB-FX PLUS への影響は?

ジャパンネット銀行の旧FX取引サービス「JNB-FX」(2010年7月16日終了)は以前、外為どっとコムのシステムを使用していましたが、現在の「JNB-FX PLUS」では、Simplex Technology社のシステムを採用しているため、外為どっとコムの業務停止命令による影響は有りません。

(外為どっとコム 行政処分 関連記事)

(外為どっとコム 関連記事)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました