外為どっとコム 誤ティック 事件 不祥事 ユーロ円 EURJPY 55円79銭~82銭

システム障害 行政処分
この記事は約5分で読めます。


公式サイトはこちら 赤ボタン

本日、FX 外国為替証拠金取引業者の最大手の外為どっとコム(がいためどっとこむ)誤ティック(バッドティック)が配信されるという不祥事が発生しています。

外為どっとコム ユーロ円 EURJPY 誤ティック バッドティック 異常値 2010年07月13日 チャート

2010年07月13日午前6時45分、ユーロ/円が1ユーロ=55円79銭~82銭に暴落し、騒動となっています。

誤ティックを配信した際のユーロ円5分足チャート画像を見ると、FX ナイアガラと言うよりも1ユーロ=55円79銭まで完全に垂直に落下しています。

以下、外為どっとコムのサイトからの引用です。

本日朝に発生した「ユーロ/円」誤ティックへの対応について[10/07/13]

本日(7月13日)午前6時45分に、当社の通貨ペア「ユーロ/円」において、明らかに実勢とかけ離れたレート(55.79-82、55.79-83)が配信されました。この影響により、本来であれば約定するはずのないお客様のご注文が多数約定しております。

本件につきまして、取り急ぎ以下の対処が決定いたしましたので、ご報告申し上げます。

まず、今回の誤ったレートの配信により約定したご注文は、すべて「不成立」とさせていただきます
また、誤ったレートでの新規もしくは決済注文の約定により発生した益金の出金のご依頼、ならびに同益金にて新規建てしたポジションにつきましても、すべて取り消しとさせていただきます。

お客様におかれましては、誠に恐れ入りますが、こうした益金に基づく出金のご依頼ならびに新規注文の発注は差し控えていただくようお願い申し上げます。

あわせて、誤ったレートでの新規注文の約定により成立したポジションに対する決済注文の発注も差し控えていただくようお願いいたします。

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、なにとぞ事情ご賢察のうえ、ご理解ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

上記以外の詳細につきましては、対処が決定し次第、追ってご報告いたします。
本件につきまして、お客様に多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

引用ここまで。

さながら「外コム事件(外為どっとコム事件)」といった様相を呈していますが、高いシステムの安定性を誇る外為どっとコムにしては、珍しいシステム障害です。

FX 比較←FXのシステム安定性の比較はこちら。

また、外為どっとコムのシステムを採用しているジャパンネット銀行 JNB-FXも同様に誤ティックが配信されました。
ジャパンネット銀行 JNB-FX 誤ティック 配信

誤ったレートの配信により約定した注文は、すべて取り消しに

本日の外為どっとコム(がいためどっとこむ)の1ユーロ=55円79銭~82銭という異常値の配信で、ユーロ円のロングポジションを持っていた多くの方が強制ロスカットやストップ狩りを喰らった様です。

実効レバレッジ2倍以上でユーロ円のロングポジションを保有していた方は、ほぼ全員ロスカットされているはずなので、誤ティックによる被害を受けた方は多そうです。

誤レートの配信時間は十数秒あったので、逆に誤発注で20億円儲けたジェイコム男BNF氏の様に、誤配信でユーロ円が安くなった所を素早くロングした方もいる様です。

ただ、いずれの場合も誤表示中に約定した注文は、約款に基づいて取り消しになります。

約款 第12条の3

当社が提示したレートが明らかにインターバンク市場の実勢と乖離したと判断した場合は、当社は該当レートで約定したご注文を取り消すことができるものとします。

誤ティックの配信中に約定した新規注文のポジションは、取り消しによってすべて消滅します。
一方、決済注文の約定、およびロスカットにより消滅したポジションは、約定前の状態に復元されます。

ユーロ円 異常レート配信事件の原因は?

外為どっとコム(がいためどっとこむ)のウェブサイトには、レート誤配信の直後に一瞬

「マーケットメイカー(値付け業者)から流れてくるレートに紛れ込んでたものがシステム上のいくつかのセーフティネット(安全網)をくぐり抜けてしまった」

という説明があったのですが、まだ誤ティック配信の正確な原因が特定されていない為か、すぐに削除された様です。

ただ、マーケットメイカーの値付のミスにしては、少々変です。

外為どっとコム ユーロ円 EURJPY 誤ティック バッドティック 異常値 2010年07月13日 レート

上のユーロ円誤ティック画像を見ると、午前6時45分に誤提示された異常レートが、ひとつ前のティックのちょうど半分の数値になっており、単純な打ち間違いというよりも正常なレートを何故か2で割った数値が誤配信されています。

先週、FX レバレッジ規制 いつから 時期という記事にも書きましたが、外為どっとコム FXステージ口座は金融庁主導によるFX 外国為替証拠金取引レバレッジ規制により、今週から最大レバレッジが100倍 → 50倍に変更になっているので、個人的には、週末のシステム変更後の初めてのロールオーバーで何らかのバグが出たと思うのですが・・・

インヴァスト証券「くりっく365」のランド円BID値の1分足チャート(クリックで拡大)
インヴァスト証券 くりっく365 ランド円 暴落 異常レート 1分足チャート

それにしても、外為どっとコムは民間の業者だけあって、サイト告知の対応が早いです。
くりっく365 ランド円暴落事件で「ランド円 BID 8.415円」という異常レートを配信しておきながら、数日間「正常なレートである」と言い張っていた東京金融取引所の対応とはエラい違いです。

なお、外為(がいため)と言う言葉があまり一般的ではないので

  • 為替どっとこむ(かわせどっとこむ)
  • 外貨ドットコム(がいかどっとこむ)

といった感じで社名を間違う方が時々いますが、正式名称は「外為どっとコム(がいためどっとこむ)」です。

(外為どっとコム 行政処分 関連記事)

(外為どっとコム 関連記事)

(ランド円暴落事件 関連記事)

(ユーロ 関連記事)

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました